勃起不全のチェックリストと新薬の効果

勃起不全は、全く勃起しないわけではありません。多少反応はあっても不満足な性交に終わってしまう状態も勃起不全に入ります。
世界中で使われている勃起不全のチェックリストでは、次の5つの項目が用意されています。
どれも最近6ヶ月で、状態に対するスコア(1~5点)で点数をつけていきます。
「勃起してそれを維持する自信はどれくらいあったか?、性交によって勃起した時にどれくらいの頻度で挿入可能な硬さになったか?、性交で挿入した後どれくらいの頻度で勃起を維持できたか?、性交を終えるまで勃起を維持するのはどれくらい困難だったか?、性交を試みた時にどれくらいの頻度で満足出来たか?」の5つがチェックリストの内容です。
これで点数が低いほど勃起不全の疑いが高くなります。
ただし、このチェックリストは基準が厳しすぎるという批判もあり、あくまでも簡単なセルフチェック目的にしか使えません。もし本当に問題があるのかどうか知りたいのならば、病院を受診して総合的に医師に診断してもらったほうが確実でしょう。
勃起不全の新薬では、韓国で開発された薬が出ています。日本人と似たような体格のアジア人である韓国人向けに作られている薬というだけあって、日本人の体に合った新薬だと言われています。
まだ従来までの治療薬のほうが幅をきかせていますが、日本人の体に合いやすいということで、今後はこの新薬が出回る可能性もあります。
もし薬が効きすぎてしまう場合には薬を分割して飲むという方法もありますが、それすらも面倒臭いという人は、新薬を頼ってみると良いかもしれません。
また、今までの治療薬の効果がいまいちで新しい薬を探していたという人にもおすすめです。

トップページへ